ふくらはぎは脂肪吸引で引き締めよう|脂肪溶解注射も効果ありMAX

女性

各方法について詳しくなる

お腹

脂肪溶解注射だけでなく、脂肪吸引で脂肪を落とすことも可能です。脂肪吸引と言っても複数の種類があり、種類によっては手術方法が異なりますので、しっかりと特徴を知ってから選ぶようにしましょう。沖縄のクリニックによって得意としている術式が異なりますので術式の特徴を知り、その手術方法が得意なクリニックを選ぶと手術を成功させることが可能です。脂肪吸引にはシリンジ法、脂肪溶解レーザー、ボディジェット法、ベイザー波、Criss Crossという方法があります。沖縄で施術を受けたい方は各方法のメリットを調べましょう。

シリンジ法は手技で行なう手術方法です。昔からある方法で長年この方法を行なっている医院も多いでしょう。注射器を用いて脂肪吸引を行なっていきます。機会に比べて1回の吸収量が少ないため、微調整が出来るという利点があります。脂肪溶解レーザーはレーザーでまずは脂肪を溶かします。そして、その後脂肪を吸収します。脂肪が薄い部分はこの術法が最適でしょう。ボディジェット法は水流で脂肪を分解させた上で脂肪吸引をします。ダウンタイムが短期間というメリットがあります。ベイザー波は超音波で脂肪を液体にします。そうすることでスムーズと脂肪吸引をすることが可能なのです。出血量も少ないです。切開をして行なう方法がCriss Crossです。カニューレという医療器具を、切開をした部分に通して、脂肪吸引を行ないます。

このように複数の方法があり、各方法は沖縄の医院で受けられます。沖縄の医院にはそれぞれの種類を得意とするドクターがいますので、口コミサイトなどでどこの医院が手術を得意としているか調べた方が良いです。